忍者ブログ
  • 2017.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/24 01:33 】 |
初恋の人からとむさんへお手紙が届きました。
>>
とむ、元気にしてる?
今でも彼女ができるたびに手鏡でスカートの中を覗いていますか?直接見るのでは満足できないとむをなつかしく思います。

穏やかなとむに私が「引っ張っていってくれないから乗り換える」と宣言してお別れすることになったあの日から、もう5年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、なんだか、私が空回りしていたのかなぁと思って恥ずかしくなります。とむは、なんだかんだと文句ばかり言う私に「そのツンツンしたところがかわいいんだよな」なんて理解を示してくれたけれど(何様だとも思ったけれど)、私はずっと子供のままでしたね。あのころからすでにとむはおじいさんのように穏やかでした。

そうそう、私はともかくとむにとっては初恋の相手が私だったんですよね。なんだか最初のころからやけに私に馴れ馴れしくて、やたらと私の体を触っていましたね。絶対将来タイホされるって思ったけど、まだ警察沙汰にはなっていませんか?

とむは付き合った当初から思いやりに溢れていて、「一生おれについてきてもいいよ。女はおまえ一人でいいから」と言ってくれましたね。何様かと思いましたが、すごく嬉しくもありました。その後、結局何人にそのセリフを言ったんですか?それからのこと知りたいです。

総括するなら、とむと付き合えたことは、とても感謝しています。特にとむとの恋愛から学べた重要なことは、あまり人に期待しすぎてはいけないということでした。一人で生きられるようになることの大事さを教えてもらえたと思っています。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はとむのことがそれでも好きでした。これからもとむらしくいられるよう、そして当時のように森進一の顔マネをみんなに披露しながら(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. とむが誕生日にくれた日本人形、だいぶ髪が伸びました。





…最後まで読んだ方、おつかれさまです。

でも、俺の所にこんな手紙が来ることは無いです

最近こんなのが流行っているらしいですね、流行に疎い俺が珍しく試した結果が上です。

ツッコミを入れたくなるところが何か所もありますよね(笑)

みなさんも試してみましょう

http://letter.hanihoh.com/

やっぱり何度読み返しても最後の一行は笑えないです
PR
【2009/03/07 03:55 】 | 未選択 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<< | ホーム | ぇええ!!??>>
有り難いご意見
無題
やったんですね!
実は、私もやりました。そして、いろんな人のを見ていると共通の部分が多々あることに気が付き、それを探すこと、何を選んだからかなとか、勝手に考えたりして、変な人になりそうです。
結構面白いなって思いませんか?
【2009/03/07 09:41】| | ayano #575047b047 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]